産屋敷耀哉の死亡シーンは何巻何話!?無惨との関係性とは?

ついに遊郭編が終わり、刀鍛冶の里編のアニメ化が決まりましたね!遊郭編では、鬼殺隊の頭であるお館様が興奮気味だったことから上弦の鬼を倒すことがどれだけすごいことか分かる描写が印象的でした。

この記事ではそんな鬼滅の刃に登場する産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の最期について紹介しています。

キャプション
  • 産屋敷耀哉とはどんな人物か
  • 新たに明かされる鬼舞辻との関係など
  • 産屋敷耀哉の壮絶な結末
  • 最終決戦開始の原因

産屋敷耀哉の死亡シーンが何巻何話で読めるかなども紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

※アニメのみを視聴している人は一部ネタバレがあります。まだ一度も見たことがない人は退出してください。

目次

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)・お館様とは

若くして鬼殺隊を率いる産屋敷耀哉とはどんな人物なのでしょうか。まずはその人物像から見ていきましょう。

産屋敷耀哉のプロフィール

年齢 23歳
役職 産屋敷家97代目当主/鬼殺隊当主
家族構成 あまね(妻)、ひなき(娘)、にちか(娘)、輝利哉(息子/次期当主)、くいな(娘)、かなた(娘)
声優 森川智之

あまりプライベートが明かされていない産屋敷耀哉ですが、彼の父の死因はなんと自殺。とても繊細な人だったようで、多くの隊士たちの死に耐えきれなくなったとか。

兄弟もいたらしいですが全員呪いにより死亡。今のお館様の強さは辛い過去ゆえなのかもしれません。

声優を務める森川智之さんは犬夜叉「奈落」、クレヨンしんちゃん「野原ひろし」、またNARUTO「波風ミナト」、ブラッククローバー「ユリウス・ノヴァクロノ」、BLEACH「黒崎一心」などジャンプ誌漫画のキャラクターも多く演じてきている大ベテラン声優です。

2021年に上演された舞台「鬼滅の刃」の産屋敷耀哉役は廣瀬智紀さんが務めました。

産屋敷耀哉の能力は?一族代々『先見の明』がある

産屋敷耀哉の能力といえば1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)が思いつく方が多いのではないのでしょうか。話す相手に不思議な高揚感や落ち着きを与える1/fゆらぎは、お館様のカリスマ性の根源とも言えるでしょう。

さらに産屋敷家の当主は代々、先見の明があります。莫大な財産を築き、家や鬼殺隊の危機を幾度となく回避してきた産屋敷家。お館様は特にそれが強いらしく、未来予知と言えるほど正確なその能力で鬼殺隊を導いてきました。

鬼殺隊の隊士のことを我が子のように接しているのもよく知られていますよね。『お館様』『子供たち』と呼び合い本当に慕われていました。

瀕死の怪我を負った鬼殺隊員のもとへ駆けつけたり、床から動けなくなるまで1日も欠かさず亡くなった隊士の墓参りに行ったり。更には当主の座に就いてから所属・殉職した隊士の名前・出自を全員記憶するなど『人の上に立つべき人』という感じで、鬼舞辻とは正反対な人物と言えるでしょう。

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)・お館様の壮絶な最後

https://twitter.com/TJ32TFX1/status/1492775497876471812?s=20&t=bEFYVgCe9N5iPcK0Y7eftw

聡明なお館様はいつ、そしてどうして死んでしまったのでしょうか。死亡シーンだけでなくいきさつも紹介していきます。

産屋敷耀哉の死亡シーンは何巻何話か

鬼殺隊当主である産屋敷耀哉の死亡シーンは16巻138話で見ることができます。

お館様は爆弾による自殺とも言える形で亡くなりました。妻のあまねと2人の娘もろとも屋敷ごと爆破したお館様ですが、全ては鬼の始祖・鬼舞辻無惨を倒すための計画でした。

明かされる産屋敷家と鬼舞辻無惨との関係

136話で産屋敷邸に現れた鬼舞辻は初めて、自分たち鬼を幾度も追い詰めてきた鬼殺隊の長と対面します。

病気のせいで顔がただれ目が見えず寝たきりになってしまったお館様を前に鬼舞辻は、お前を殺すと言います。しかしお館様は先見の明で鬼舞辻が自ら殺しに来ることがわかっていました。

鬼舞辻に話し続けるお館様ですがここで『2人の血筋が同じ』、『同じ血筋から鬼が出ていることが理由で産屋敷は病弱』、『代々神職の家系から妻を貰っている』『鬼舞辻が死ねば全ての鬼が滅ぶ』ことなどが明かされます。

鬼殺隊当主の早すぎる死

鬼舞辻がお館様を手にかけようとしたその時、突如として産屋敷邸が爆破します。爆薬の中にもまきびしのような物が入っており殺傷能力が上げられています。

自分自身を囮に使ったお館様に対し、『何か仕掛けてくるとは思っていた しかしこれほどとは』と鬼舞辻も驚きを見せていました。

鬼殺隊最高戦力である柱が次々と現場に駆けつける中で、鬼の身でありながらも鬼舞辻を倒すための研究を行っていた珠世も登場し、場面は最終決戦に突入していきます。

【鬼滅の刃】総力戦開始の原因は刀鍛冶の里編にある?

こうして総力戦が始まった訳ですが、どうして鬼舞辻無惨はこのタイミングで勝負を仕掛けてきたのか。それは本来鬼にとって命取りとなる陽の光を禰豆子が克服したからです。

禰豆子の太陽克服は刀鍛冶の里編での話でした。その後から嵐の前の静けさと言わんばかりに鬼の出没がピタリと止んだのです。

元々鬼舞辻の監視下から外れ人間を襲わない禰豆子は、特殊な個体として鬼舞辻に追われていました。さらに鬼舞辻の唯一の弱点である陽の光を克服したとなれば、目の色を変えて狙うのも頷けます。

産屋敷耀哉の死亡シーンは何巻何話!?無惨との関係性とは?まとめ

さて、今回は鬼滅の刃の産屋敷耀哉の死亡シーンについてここまで紹介してきました。最後にここまで紹介してきたことをまとめておきます。

  • 産屋敷耀哉は優れた指導者
  • 産屋敷耀哉が死亡したのは16巻138話
  • 実は鬼舞辻と血縁関係があった
  • 最終決戦開始は禰豆子の太陽克服が原因

アニメでも描かれた癖のある柱たちをもまとめあげるお館様は圧巻でしたよね。刀鍛冶の里編のアニメ化が決まった今、禰豆子が陽の光を克服するシーンが見れる日も近いかもしれませんね!

鬼滅の刃の関連記事

【漫画】鬼滅の刃の継国縁壱と鬼舞辻無惨の戦いは何巻何話!?

鬼滅の刃宇髄天元が腕を切られて失明!その理由と復活疑惑について

【鬼滅の刃】鋼鐵塚さんの素顔はイケメン!ひょっとこのおめんが外れたのは何巻?

鬼滅の刃の我妻善逸が寝ると強くなる理由とは?

鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎のプロフィール・全集中の呼吸ネタバレまとめ

鬼滅の刃遊郭編の続き「刀鍛冶の里」編はいつ?漫画の何巻から何巻まで?

鬼滅の刃の禰豆子が覚醒理由とその後の変化!漫画では何巻何話?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる