河田ナホヤ(スマイリー)のプロフィールやスマイリーの由来と強さとは?

この記事では、東京リベンジャーズに登場する河田ナホヤ(スマイリー)のプロフィール(どういった人物なのか)やアニメ声優・実写俳優について詳しく紹介していきます。

河田ナホヤ(スマイリー)は、トーマンの4番(肆番)隊隊長であり、元双悪(スゴアク)の総長を務め、河田ソウヤ(アングリー)の双子の兄である重要なキャラクターです。

また、スマイリーの通称の由来や強さ・魅力についてもあわせて解説していきます。

この記事でわかること
  • 河田ナホヤ(スマイリー)のプロフィール
  • 河田ナホヤの「スマイリー」の由来や過去とは?
  • 河田ナホヤ(スマイリー)の強さや魅力とは?

気になる方はぜひ最後まで読んでくださいね!

それでは紹介していきましょう!

目次

東京リベンジャーズの河田ナホヤ(スマイリー)のプロフィール

画像出典:東京リベンジャーズ公式サイトより

不良集団・東京卍會の創設メンバーで、弐番隊隊長。頼れる兄貴的な存在。

引用:東京リベンジャーズ公式サイトより

キャラクター名 河田ナホヤ(かわたなほや)
通称 スマイリー
生年月日 1989年5月25日
年齢 15歳(過去)/27歳(現代)
血液型 B型
星座 ふたご座
身長 170㎝
体重 56㎏
所属 双悪(スゴアク)総長⇒トーマン(東京卍會)4番(肆番)隊隊長
愛機 ヤマハRZ250 (通称:ヨンヒャクキラー)
弟(双子) 河田ソウヤ (通称:アングリー[青鬼])
武勇伝(失敗談) トーマンに入る前、呪華武(じゅげむ)総長の望月莞爾(もちづきかんじ)にタイマンを売り、完敗した。
名言 「タケミっちはよぉ 〝勝てるケンカ〟はしねぇんだよな」

河田ナホヤ(スマイリー)の声優は「河西健吾(かわにしけんご)」

https://twitter.com/anime_toman/status/1370314604501344260?s=20&t=s9j_dxsyxFoCo-1it53IGg

1985年2月18日生まれ、大阪府出身。

所属は、マウスプロモーション。

代表作は、

  • 炎炎ノ消防隊 (2019年 – 2020年:トオル岸理)
  • フルーツバスケット (2019年 – 2021年:草摩利津)
  • Dr.STONE (2019年 – 2021年:あさぎりゲン)
  • 鬼滅の刃 (2019年 – 2021年:時透無一郎)

実写版東京リベンジャーズの河田ナホヤ(スマイリー)役は誰?

https://twitter.com/touribe000/status/1501013864468516866?s=20&t=s9j_dxsyxFoCo-1it53IGg

実は、すでに公開された実写版の映画、東京リベンジャーズには河田ナホヤ(スマイリー)は登場していません。

結論から言うと東京リベンジャーズの映画の続編は制作することが決定しています。

続編の内容はおそらく「血のハロウィン編」の可能性が高いこともあり、出演の可能性は低いことが予想されます。

そこで、実写版の続編以降の河田ナホヤ役の候補としての可能性があり、名前があがっている俳優さんやこれから名前があがるのではないかと予想される俳優さんたちを以下にまとめておきました。

  • 佐久間大介(さくまだいすけ)
  • 渡部豪太(わたべごうた)
  • 中村倫也(なかむらともや)
  • 菅田将暉(すだまさき)

この中でも、中村倫也さんは近年のドラマでも多数出演しており、その穏やかな表情や臨機応変な演技力は視聴者を引き込む力があることから河田ナホヤ(スマイリー)役に適していると感じました。

河田ナホヤの「スマイリー」の由来や過去とは?

トーマン4番(肆番)隊隊長である河田ナホヤの通称「スマイリー」の意味や双悪(スゴアク)の総長をしていた過去についても解説していきます。

河田ナホヤの「スマイリー」の由来とは?

東京リベンジャーズの作中で、河田ナホヤは通称「スマイリー」の名で呼ばれています。

「スマイリー」と呼ばれる由来は、「常に笑顔でいるが、鬼の心を持っている」というサイコパスな一面からきています。(15巻127話より)

実際に、タケミチとの会話の中で「あん?」と返事をしたり、「天竺なんてドンでバッコンだよ」という点から、

  • 単調で冷徹な性格や
  • 笑顔で相手を倒すといった発言をするサイコパスさ

がうかがえました。

河田ナホヤ(スマイリー)の過去とは?

河田ナホヤ(スマイリー)が小学4年生のとき、公園で数十人の中学生から一方的にリンチを受けていました。

その際、双子の弟である河田ソウヤ(アングリー)が泣き始め、暴走したことによって、数十人の中学生を一瞬で倒して病院送りにしてしまったのです。

この出来事以降、ナホヤ(スマイリー)はソウヤ(アングリー)との約束を作り、ソウヤが泣いて暴走することを防ぐために、「これからは兄ちゃん一人でなんとかすっから だから二度と泣かないって約束しろ!」といいました。(19巻162話より)

このことから、普段は冷徹なナホヤ(スマイリー)ですが、ソウヤ(アングリー)のことを心から大切に思う優しい一面がわかります。

河田ナホヤ(スマイリー)の強さや魅力とは?

双悪(スゴアク)総長後は、トーマン4番(肆番)隊隊長を務める河田ナホヤ(スマイリー)の強さや魅力を時系列ごとに紹介し、解説していきます。

双悪時代の河田ナホヤ(スマイリー)の強さとは?

河田ナホヤ(スマイリー)は、トーマンの4番隊(肆番)隊隊長になる前、双悪(スゴアク)の総長を務めていました。

また当時は、河田ナホヤ(スマイリー)と河田ソウヤ(アングリー)の2人を合わせて「目黒のツインデビル」と呼ばれています。

そんな河田兄弟ですが、川崎の呪華武(じゅげむ)との抗争の中で、ナホヤ(スマイリー)が呪華武(じゅげむ)総長の望月莞爾(もちづきかんじ/通称:モッチー)にタイマンを売った結果、白目をむいて完敗してしまいました。(15巻127話より)

このことから、ナホヤ(スマイリー)は相手の強さに構わず挑む、無鉄砲な性格であることがうかがえます。

関東事変での河田ナホヤ(スマイリー)の強さとは?

関東事変(トーマンと天竺)の抗争の中で、

  • 河田ナホヤ(スマイリー)
  • タケミチ
  • 千冬(トーマン1番隊副隊長)
  • 河田ソウヤ(アングリー)

の4人で天竺のアジトへ向かう最中、天竺の罠にハマり、鶴蝶(カクチョー/天竺四天王)とタイマンをします。

ナホヤ(スマイリー)は、カクチョーと互角の喧嘩を繰り広げ、勝利しますが、その後のカクチョーとタケミチの会話でわざと負けたことが明かされました。

また、関東事変が勢いを増す中で、ナホヤ(スマイリー)はバイクに乗った天竺の隊員に鉄パイプで奇襲されたことによって、三ツ谷(トーマン3番隊隊長)と共に意識不明の重体となってしまいます。(17巻145話より)

このことから、ナホヤ(スマイリー)の本来の喧嘩の強さが現時点(26巻)までで、描かれたシーンが少ないことから、今後さらに活躍する可能性があることがうかがえます。

河田ナホヤ(スマイリー)の魅力は「勝てる喧嘩はしない」!?

溝中5人衆の山岸とマコト、あっくん(千堂敦)がモッチー(望月莞爾/天竺四天王)率いる「赤い詰襟の集団(天竺)」に襲われ、渋谷駅に偶然いたタケミチと千冬に居合わせます。

タケミチたちは、モッチーや天竺の隊員に挑みますが、圧倒的な力の差でボコボコにされ、状況は不利になり、稀咲や半間までもが現れたことで、さらに事態は悪化してしまいました。

その後、稀咲や半間、モッチーが去り、少し落ち着いたタイミングでトーマン4番(肆番)隊の隊長・副隊長コンビ、河田ナホヤ(スマイリー)と河田ソウヤ(アングリー)が現れ、天竺の残っていた隊員たちを倒し、タケミチと千冬をバイクの後部座席に乗せ、横浜に向かいます。

横浜に向かう最中の会話で、ナホヤ(スマイリー)とソウヤ(アングリー)の2人がスゴアク時代にモッチーとタイマンをして、完敗だったことをタケミチと千冬に楽しそうに語りました。

それに対し、千冬が完敗だったことが悔しくないのかと聞くと、ソウヤ(アングリー)が「オレら〝勝てる喧嘩〟はしないんだ」といい、ナホヤ(スマイリー)が「オマエと一緒だよ タケミっち」といっていたことから、ナホヤ(スマイリー)はタケミチとの「無鉄砲な性格」を共通点とし、どんなに敵わない相手にも挑む姿勢を見せました。(15巻127話より)

また、マイキーやドラケンが不在のトーマンの集会に車いす姿のナホヤ(スマイリー)が現れた際にも、「タケミっちはよぉ 〝勝てるケンカ〟はしねぇんだよな」といっていたことからもタケミチに対する想いが伝わります。(17巻152話より)

タケミチの関東事変での強さやプロフィールなどに関してはこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください!

東京リベンジャーズ花垣武道(タケミチ)プロフィール!!ヒナとの関係!声優や映画版キャスト

まとめ

今回は東京リベンジャーズの河田ナホヤ(スマイリー)のプロフィールに関して紹介しました。

最後にここまで紹介してきたナホヤ(スマイリー)の特徴などをまとめておきます。

  • 単調で冷徹な性格
  • 笑顔で相手を倒すといった発言をするサイコパスな一面がある
  • 仲間や兄弟を想う優しい一面がある
  • どんなに敵わない相手にも挑み続ける「無鉄砲」な一面がある
  • 元双悪(スゴアク)の総長で、「目黒のツインデビル」と呼ばれていた

ナホヤ(スマイリー)は、冷たい性格や表情とは裏腹に兄弟であるソウヤ(アングリー)のことを想う優しい一面やタケミチとの共通点があったりと、現時点(26巻)まででの登場回数や活躍のシーンが少ない分、これから先がまだまだ気になるキャラクターだと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

東京リベンジャーズの関連記事

あわせて読みたい
東京リベンジャーズ花垣武道(タケミチ)プロフィール!!ヒナとの関係!声優や映画版キャスト この記事では、東京リベンジャーズに登場する花垣武道(タケミチ)のプロフィール(どういった人物なのか)、強さはどれくらいなのかについて詳しく紹介していきます。 タケ...
あわせて読みたい
松野千冬(まつのちふゆ)の場地圭介や相棒タケミチとの関係性について解説! この記事では、東京リベンジャーズに登場する松野千冬のプロフィール(どういった人物なのか)や場地圭介との関係性について詳しく紹介していきます。 松野千冬は、トーマ...
あわせて読みたい
東京リベンジャーズの三ツ谷隆(みつやたかし)の柴八戒との関係性や手芸部部長について解説! この記事では、東京リベンジャーズに登場する三ツ谷隆(みつやたかし)のプロフィール(どういった人物なのか)、妹(ルナ・マナ)や柴八戒との関係性について紹介していきま...
あわせて読みたい
千堂敦(あっくん)のプロフィール!なぜ線路へ突き落とした?声優や実写は誰? この記事では、東京リベンジャーズに登場する千堂敦(あっくん)のプロフィール(どういった人物なのか)、どのような人物像なのかについて詳しく紹介していきます。 あっく...
あわせて読みたい
東京リベンジャーズ稀咲鉄太プロフィール!死亡?原因やタケミチやヒナとの関係性 この記事では、東京リベンジャーズに登場する稀咲鉄太のプロフィール(どういった人物なのか)、タケミチと対峙(正反対の立ち位置)し続ける目的は一体何なのかについて詳...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる